COCOファームのワイン 入荷しました

更新日:2017年10月08日

連休直前になってしまいましたが、COCOファームのワインが入荷しました。取りあえずは、赤と白のスタンダード品ですが、バランス良く、薫りよく、しっかりとしたパワーもあって、私個人的には相当なお気に入りです。非常に詳細なデータシートも公開されており、これを見ながら味わうのも一興です。

COCOワイナリーのワイン達

今回入荷は、現在ANAの国際線ファーストクラスにて提供されている『Ashicoco』(あしここ)という白ワイン。ほぼ山梨の葡萄で造られています。天然野生酵母による発酵を行っており、非常に繊細で素晴らしい管理下で製造されていることが判る1本。果実味が心地良く、和食との相性は抜群ではないでしょうか。私は、生湯葉や湯豆腐、おでんや刺身と合わせても良いかな…と思っています。
山梨でも珍重される甲州種ですが、このような味作りをしているワインは、私は出会っていません。(って、そんなに数飲んでいませんので…)久々に感銘を受けたワインです。ビンテージが2016年になりますが、ハーフも入荷しました。

もう1本は『農民ロッソ』という赤ワインです。こちらも半分以上山梨の葡萄で造られています。メルロを主体に、マスカット ベリーAとカベルネソーヴィニヨンをブレンド。度数は少し控えめで11.5%とライトでは有る物の、芯がしっかりしていて、複雑な味わいが楽しいワインです。ボルドーでもない、ブルゴーニュでもない、カリフォルニアでもない。新しいワインの味わいを教えてくれます。サニーサイドカフェでのローストチキンやローストビーフとの相性が良さそうな1本です。

やっと、価格と味で納得の国産ワインを見つける事ができました。
今後は、サミットの晩餐会でも登場したスパークリングや、JALのファーストクラスにて提供されていたロゼなども入荷させる予定です。いずれも、価格的には良心的で、品質的には素晴らしい物を造っています。非常に楽しみなワインが揃います。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です