軽くて丈夫…車輪は軽いほど良い

更新日:2017年06月28日

八ヶ岳では、乗用車は本当に生活必需品で、道具となっています。まぁ、酷使されて、走行距離もグイグイ伸びるのが常であります。私の自家用車も、あっという間に20万キロ越えです。
なので、お金を余りかけずに実用重視が基本になりがちな、八ヶ岳での車事情であります。でも、多くの方が手を出さずに勿体ないなぁ…という事項が結構あります。

1.バッテリー
  八ヶ岳では、特に消耗激しい部品。量販店の価格は、ボッタクリに近いほど高いです。
  特殊な車を除き、通販で購入。DIY交換がお奨め。私の自家用車の場合…黄色い帽子で3万強のバッテリーが、通販では1.5万程度でした。(パナソニックCAOSで比較)

2.タイヤ
  これも通販とで、価格差の激しいアイテムです。通販で買ったタイヤを取り付けてくれるショップは、未だ未だ少ないですが、私は甲府の『BM甲府』さんで組んでいます。
  量販店では4本で十万を超える我が家の車のタイヤ、通販では4万前後+組み替え工賃1万弱で済ませています。(勿論、同じ一流ブランド物新品での比較)
  もっと安く…となると、オークションで新品に近いタイヤを買って済ませれば、2~3万+組み替え工賃1万弱で済ませることも可能です。

3.ナビなどの電装関係
  これも、量販店は相当に高いです。ドライブレコーダーや、取り締まりのレーダー、カーナビなども通販を活用する時代だと思います。
  取付は甲府の『スマイルオート』を活用下さい。廉価で、警察車両の特殊装備なども手がけるプロが、実に綺麗に取り付けてくれます。
  私の車の場合、ドライブレコーダー取付の時は、量販店で取付込み19800円(露出配線)だったのが、通販購入9800円+取付5000円で隠蔽配線にて完了!!(ユピテルのドラレコで)

4.車検
  これも色々のようです。近年はディーラーの車検も、非常に良心的になっていますね!!
  私の場合は、地元の整備工場で、最低限にて通してもらい、指摘事項をもらう様にしています。(by いずみ自動車)

こんな所で、経費を絞れば、結構浮くんです。自動車税などは仕方ないのですが、それ以外の消耗品は、結構旨くやると安く済みます。

最後に、表題の件です。これは、乗り心地や燃費にも効いてくるので、是非お奨め。
ホイールです。殆どの方は、純正品を使っていると思いますが、これが結構重いのです。テッチンと言われる、スチールホイールの方が軽いことが多いほど重い。
是非、社外の軽いホイールを使って見て下さい。新品で高い物を使う必要無し。山では、直ぐに傷も付けがちですから、程々の程度で安く購入をお奨め。
まず、純正の規格を確認。PCD…ホイールナットの穴ピッチ 穴数…ナットの数 オフセット…ホイールの内外への出具合 インチ…ホイールの大きさ リム幅…ホイールの幅 ハブ径…真ん中の穴の大きさ これだけ判ればOK。取りあえずは、これと同じ規格の物を探します。特殊な車で無ければ、結構出ているはずです。特にヤフオクなどで検索すれば膨大な候補が出てくるはず。
私なんかは、せいぜい2~4万円(4本で)の範囲で探しています。多少の傷は気にしませんが、曲がりやゆがみ、腐食、クラックなどはNGとしています。それでも、探すのに困るくらいの候補数出てきます。何を選べば…という方は、取りあえず鍛造品を探してみれば、良いと思います。鍛造ホイールは、一流処しか製造していませんし、少し高いのですが軽さは間違い無いです。BBSなんかが代表銘柄です。

軽いホイールを使うと『こんなに乗り心地良かったっけ??』と思おう程変わります。段差を越えるときの動きが小さくなったり、加減速時の動きが軽くなったり。効果は絶大です。ホイールは安く、タイヤは少し良い物を…これは鉄則だと思っています。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です