冬こそ効果的にエアコンを(車の話です)

更新日:2017年02月19日

視界不良での事故が結構多いそうです。何でかな…と調べてみましたら、最近の車は暖気不要と言う事が知れ渡ってきたことで、ガラス表面の霜取りもソコソコに走り出して、人身事故を起こす例が結構あるそうです。確かに、冬の朝に『あれで、よく見えるな』と思う車が走っているのを時々見かけます。危ないので、視界確保してからか、暖機して除霜してから走りましょう。

先日、除雪に出動後、除雪車を洗っていたら…スッと車が駐まって『ガラスが曇って、前が見えなくって…』と降りてくる方がいました。チョット失礼させて戴き、エアコンの操作盤を見たら、A/Cは入っていなくて、さらに内気循環になっていました。A/Cを入れて、外気導入にしたら、ものの十秒チョットですっかり見えるように…。冬こそ、曇りやすいのでエアコンの活用が必要です。

あと、雪の日は必ず雪を降ろしてから走り出すようにしましょう。信号などで、フロントウィンドウにドサーッと雪が落ちてきて、慌てている車をよく見かけます。自身も危ないだけで無く、路面に大量の雪を落とすことになりますので、凍結を誘発し、事故の基です。1台に一本。雪ブラシ(雪落とし)は必携です。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です