タイヤの交換時期

更新日:2017年02月14日

昨年末は11月23日に雪が積もって、パニックになっておりました。これは、驚きの早さでしたね。例年ですと、12月の半ば頃に、一発雪化粧(路面に積もる事は少ない)なので、それに間に合うように交換するのが、八ヶ岳南麓の多くのパターンだと思います。

春は3月下旬里雪か降れば、交換してしまう方が多いのではないでしょうか。(私は、仕事上の事もあるので、5月連休後の交換です)

スタッドレスタイヤも、年々良くなっており、今では音もノーマルと遜色ない物が出ています。なので、最後はノーマルタイヤとして使い切り…と言うのも、十分にアリになってきました。

スタッドレスタイヤには、スリップサイン(これを知らない人は、マズいです。ご存じない方は、googleで検索して、ご自身の車のタイヤを一度チェック!!)が2種類あります。スタッドレスタイヤとしての許容範囲を示すスリップサインと、タイヤとしての寿命を知らせるサインの二種類です。

スタッドレスタイヤとしてのスリップサインが出そうなときは、交換を遅らせて、暫くは夏タイヤ代わりに使ってしまうのも方法です。(一般のノーマルタイヤに比べ、グリップは悪いので、無茶な運転はしないように…)私の、今年のスタッドレスは、もうそろそろ駄目なので、今年は遅らせようと思いましたが、音に耐えられそうに無く、早々に交換しそうです。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です