日本では中々認知されないシードル

更新日:2017年01月14日

サイダーの語源となっている、リンゴの発泡酒のシードル。中々日本では認知されませんねぇ…一昨年はKIRINが『ドライシードル』なる物を出してきたりしましたが、今ひとつ奥行きに欠ける味わいで、どうも不発気味。ニッカも長年出していますが、どうもジュース的なイメージが強く、余り売れているとは思えません。甲府に行っても、まず売っている所がない。駅ビルの成城石井とか、ココリのイオンリカーなどにも、見かける事は希です。

松本に『オークリヨード ヴァン』という素敵なcafe?ビストロがあるのですが、ここでは旨いシードルが堪能出来ます。信州産の物と、フランス・ブルターニュの物と。信州産の物は、僕の好みとはチョット違う路線ですが、ブルターニュの物は実に美味しい。リンゴらしい風味が豊かで、堪りません。

アルコール度数も控えめで、食事の邪魔になりにくい味わいは、お薦めです。何処かでシードルを見かけたら、是非。ワインが高くなっているので、シードルでちょっと楽しもうかと画策中です。勿論、cafeでも。




ブログのトップへ

2 Comments

ICHIRO @原村

こんにちは。クリヴァン、私もすっかりお気に入りです。あそこの国産シードルは東御のリュードヴァンのものですが、スタンダードな物と、ポムドールというがあり、ポムドールの方は幾らか伊藤さんのお好みに近いかと思います。が、クリヴァンではボトルでの提供しか無いです。ポムドールはスタンダードの物の倍の価格なので、流石に高過ぎかと思いつつ、情報でした。

Reply
邦剛伊藤

リュードヴァンのシードルは、私も松本の『オークリヨードヴァン』で戴きました。ポムドールは美味しいのですが、高いですね。シャンパンに手が届きそうな感じです。ブルターニュのシードルが安くて美味しいので、メニューに加えてしまいました…

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です