寒い窓には『ハニカムサーモスクリーン』がお奨め

更新日:2017年10月10日

今年は秋が駆け足ですねぇ…先日までポロシャツだったのに。

既に、野辺山では-1.2度と、氷点下を記録しています。大泉もヒトケタの朝が出る様になってきました。
こうなってくると、寒さへ向けての準備が始まります。

ここに来て、多い相談は『窓を暖かくしたい』『窓の断熱性をあげたい』と言う所です。サッシを交換するのは結構大変なので、お奨めは『ハニカムサーモスクリーン』という、チョイと変わったスクリーンです。3重構造になっていて、内部が分厚い空気層になっているんです。あ、でも使っている感じはロールスクリーンと余り大差ありません。障子のように日光の明るさを通す素材もあり、使い勝手は上々です。

素晴らしいのは断熱性。シングルガラスサッシは、ペアガラスサッシを大きく上回り、3重ガラスサッシに肉薄する性能になります。ペアガラスサッシは、木製三重ガラスサッシを越える性能になります。さらに、音を吸音する効果も大きく、お部屋に落ち着きを提供してくれるのもポイント。価格も程々で、カーテンより安いことが多く、非常に使いやすいアイテムだと思います。

オルケアでは、寒冷地専門建設会社として、色々なご提案が出来る様にしています。一窓から改修致します。お気軽にご相談下さい。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です